古紙リサイクルについて

ホーム  >  古紙リサイクルについて

古紙リサイクルのお仕事

「資源」である古紙。増田喜は、みなさんが分別した古紙をリサイクルの輪にのせ、分別・梱包して、製紙工場へ製紙原料として送り届けています。

機密文書処理サービス

▲ページトップへ

古紙リサイクルの流れ

家庭・学校・オフィスからの古紙や機密文書などが大量に発生
します。古紙の種類は様々で、企業や学校から発生する古紙の
量は大量。企業からの古紙は機密文書が含まれていることが多い。

回収品目や数量、地域に応じて専用車両がルート回収を行います。

また、大量破棄・機密文書などそれぞれの用途に応じた対応を
行います。

回収した古紙はヤード内で新聞・雑誌・コピー用紙などの
品目ごとに細かく分別され、一時保管されます。

さらに、古紙以外の不純物はこの時点で取り除かれます。

品目別に大型プレス機で約1トン程度に圧縮梱包されます。

プレス加工された古紙が大型トラックにて、それぞれの用途に
応じて製紙工場へ納入されリサイクルされます。

▲ページトップへ

リサイクル ビフォーアフター

リサイクルされる古紙は、製紙原料としてとして色々な用途に用いられます。
一般的には、新聞紙・雑誌・再生紙コピー用紙・ダンボールなどに利用されています。

古紙回収をご希望の方は、古紙回収フォームからお申込みください。

古紙回収フォームへ

ページの先頭へ